悪質タックルをした選手の罪の償い方についてとゲイビデオ出演の井上奨コーチ

公開日: 

5月22日、悪質タックルを行い関学QBに怪我を負わせた日本大学アメリカンフットボール部の宮川泰介選手(20)の謝罪会見が行われた。
彼の陳述内容から明らかになった内容をざっくりいうと、「選手生命の生殺与奪権を持つ監督・コーチ陣から反則行為を行わざるをえない状況に
追い込まれ、反則行為を行ってしまった」ということのようである。
もちろん、一方当事者からの見解なので真実はまだ分からないが、彼の証言を裏付ける映像
(試合前にコーチが宮川選手に反則行為を実行するように話しかけている場面や、反則行為が行われた際の日大ベンチの様子)や
他選手の証言なども報道されており、個人的にだが、彼は概ね真実を語っているとの印象を持つた。
彼は、相手選手や関係各位への深い謝罪とともに、アメリカンフットボールの世界から身を引くとも宣言もしている。
青春時代をアメリカンフットボールに捧げ、大学日本代表にも選ばれた彼が、アメリカンフットボールを諦める決断をしたことはどんなに辛かっただろう。
彼なりの社会的制裁を十分に受けたようにも感じる。
黒幕である内田監督が雲隠れする中、対照的にメディアの前で顔を晒して謝罪とことの経緯を語った彼の姿勢は立派だとの意見も多い。
私も謝罪会見を見て、「なんだ。立派な若者ではないか」と感じた一人だ。
しかし、彼が行ってしまった行為に対しての責任の取り方として、アメリカンフットボールの世界から身を引くことに対しては甚だ疑問だ。
これは、ある意味「逃避」ではないか。
彼がきちんと反省しているのは評価するが、危険な行為と十分に認識しつつ、犯罪ともいえる悪質タックルを行ったのは、
監督に逆らうとアメリカンフットボールの世界にいられなくなると怯える心の弱さであり、
自分の窮地を他者に伝え助けを求めることで回避できなかったのは、アメリカンフットボールの世界に拘泥してしまった、彼の視野の狭さでもある。
私としてはアメリカンフットボールの世界から逃避せずに、今回の経験を糧に日大アメフト部を再生する中心メンバー
になって今回、克服できなかった心の弱さや視野の狭さを克服してほしい。
今回の事件で大いに傷ついた日大アメフト部の再生はいばらの道であることは間違いなく、20歳になったばかりの若者にこんなことを要求するのは、
酷なことは十分承知している。
しかし、彼の謝罪会見の立派な態度を見ていると、彼にならできると期待してしまう。
アメリカンフットボール界が彼に構成の機会を与えることを祈っている。
それと、忘れてはいけないのは本件悪質タックルを主導した内田監督や新井コーチらの処分である。
相手選手を傷つけたことはもちろん、自校の選手に行った行為も決して許されることではない。
少なくとも宮川選手に指示を出し、悪質タックルで傷害を負わせた行為についはきちんと
刑事罰を受けるべきだと考える。
傷害罪は親告罪ではない。
タックルを行った共同正犯としてきちんと刑事罰を受けるべきでである。
宮川選手にはかなり情状酌量の余地があると考えるが、日大アメフト首脳陣にはそんなものはない。
この事件について、検察がきちんと起訴することを心から願っている。またゲイビデオ出演疑惑の井上奨コーチには誠意ある対応を求めたい!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑